エステサロン・メディカルエステなら【シーズ・ラボ】

logo.png

予約・問合せ全国共通フリーコール 0800-111-4116

※店舗により営業時間が異なります。

初めての方初回体験申込み

会員様専用来店予約

HOME

体験エステ

店舗一覧

シーズ・ラボについて

online_s.png

お問い合わせ

クリニカルサロン シーズ・ラボ【公式】>ビューティーコラム>バストのコラム一覧>スポーツでバストが垂れる!?下垂を防ぐカギは「スポーツブラ」

pickup1_03.png

エステティシャン ブログ

採用情報

スタッフ積極採用中!

FAQ

ご優待制度のご紹介

出版物・メディア掲載情報

ビューティーコラム

スポーツでバストが垂れる!?下垂を防ぐカギは「スポーツブラ」

スポーツでバストが垂れる!?下垂を防ぐカギはスポーツブラ

美容や健康のためにスポーツをしている、という女性は多いでしょう。
しかしスポーツ時に生じる体の揺れが、バストの下垂を招くことがあります。綺麗になるためのスポーツでバストの形が崩れてしまっては本末転倒です。
なぜスポーツでバストが垂れてしまうのか。防ぐ方法とあわせて詳しく探ってみましょう。

スポーツでバストが垂れる理由

≪クーパー靭帯の損傷≫

クーパー靭帯とは、乳房を支えている繊維束のこと。
この靭帯が引っ張られて伸びたり切れたりすると、バストの下垂や型崩れが起きてしまいます。


そしてそのリスクが発生しやすいのが、スポーツ時です。
英国ポーツマス大学の研究によると、ランニング中のバストは一歩ごとに平均9センチも揺れ動くといわれています。


しかもその動きによるダメージは、スポーツ中ずっと累積されます。
つまりスポーツ中の動きがクーパー靭帯を大きく損傷させ、バストの下垂を招いてしまうのです。


また、大きな揺れが加わるとバストを覆っている皮膚まで伸びてしまいます。
その皮膚のダメージも、さらなる下垂や型崩れの原因になります。

スポーツ時に下垂を防ぐには

≪スポーツブラの着用が必須≫

クーパー靭帯の損傷を防ぐためには、スポーツ時のバストの揺れを最小限に抑えることが大切です。そこで必要なのが、スポーツブラの着用です。


スポーツブラはもともと、バストの揺れを抑える目的で作られています。
しっかりとバスト全体をホールドすることで、クーパー靭帯に加わるダメージを減らしてくれるのです。



≪普通のブラ・カップ付きインナーでは不十分≫

「スポーツのためにわざわざブラを買うのはもったいない……」と思う女性も多いかもしれません。
しかし、普通のブラやカップ付きインナーでは、スポーツによるバストの下垂を防ぐのは難しくなります。


まず普通のブラは伸縮性がないため、スポーツ中の動きに対応できなかったり、ワイヤーが食い込んだりして血行不良を起こす恐れがあります。


そしてカップ付きインナーは楽な着心地ですが、揺れを抑える効果がほとんどないため、クーパー靭帯を守ることができません。


こういったことから、スポーツ時にはスポーツブラが必要になります。
では、どのようなスポーツブラを選ぶべきなのか、以下からチェックしていきましょう。

スポーツブラの選び方

スポーツブラの選び方

≪ジャストサイズを選ぶ≫

スポーツブラに限ったことではありませんが、ブラはサイズ選びがとても重要です。
スポーツ中は楽なほうが良いと思ってサイズが大きなものを選ぶと、十分なサポート効果を得ることができません。逆に窮屈なものだと動きづらく、運動効率や体の血行を悪くさせてしまいます。


ジャストサイズのスポーツブラを選ぶためにも、カップがバスト全体にフィットして食い込まないもの、アンダーバストやストラップのすき間に指2本ほど入る遊びがあるものがベストです。



≪スポーツの種類に適したサポート力を選ぶ≫

スポーツブラのサポート力にはいくつかの段階があり、実際に行うスポーツに合わせて選ぶことが大切です。
たとえばヨガやストレッチなど、ゆったりとした動きのスポーツには、リラックスできるサポート力が弱めのものがお勧めです。


対してランニングやダンスなどのハードな動きをするスポーツには、しっかりとバストを固定するためにサポート力が強いものを選びましょう。



≪試着して少し動いてみる≫

スポーツブラに限ったことではありませんが、ブラを購入するときは必ず試着をしてフィット感を確かめましょう。


試着をしたら、体をひねったり、腕を大きく上げたりして、ブラとバストにズレがないかをチェックします。スポーツ中のことを想定して動くことで、自分に合ったスポーツブラを見つけることができます。


選び方のポイントをまとめると以下のようになります。

 カップ内にすき間がないか
 バストがはみ出していないか
 アンダーバストやストラップのすき間に指が2本ほど入るか
 サポート力は実際に行うスポーツに適しているか
 動いてもズレが生じないか


試着時にひとつひとつチェックしていきましょう。

スポーツブラの選び方

≪寄せて上げない≫

普通のブラを着けるときは、バストを綺麗に見せるために“寄せて上げる”を意識するものです。
しかし、スポーツ時にそれをすると、かえてバストに負担を与えて型崩れを招く恐れがあります。


スポーツブラ着用時には、バストを自然な状態でホールドするようにしましょう。
上体を起こした状態で、リラックスしながら着けることをお勧めします。

すでに下垂してしまったバストには?

すでにバストが下垂してしまった場合は、今後スポーツブラを身に着けても膨らみが戻るわけではありません。


ただし、これ以上のダメージを軽減するうえでは有効です。
手軽にバストアップを図りたい場合は、メディカルエステのシーズ・ラボの施術がお勧めです。「ヒアルロン・バストアップコース」では、針やメスを使うことなく有効成分を届けることができます。さらに、オプションではバストを支えている筋肉である大胸筋を、「プロテクノウェーブ」というマシンで鍛えることが可能です。


さまざまな方向からバストアップを働きかけるシーズ・ラボの施術を、ぜひ一度体験してください。

バストを支えてくれているクーパー靭帯は、一度損傷すると元に戻すことができません。


ハリのある若々しいバストを保つために、スポーツ時はスポーツブラを正しく着用しましょう。そして、下垂してしまったバストには1日も早いケアを心がけてください。

ボディスキンケア/ body skin care

ボディ専用のピーリング剤をお悩み別に使い分け肌トラブルへアプローチ。
医学理論に基づくケア徹底ケアで肌トラブルを解消!

背中ニキビ・シミ解消コース

ボディ専用の高配合ピーリングで

すべすべ背中へ!

二の腕のザラつきコース

なかなか消えないざらつきを

取り除き肌質を改善!

ワキ・ビキニライン色素沈着コース

自己処理で黒ずみ

ブツブツになった肌も解消

お尻ニキビ改善コース

ボディ専用ピーリングで

お尻ニキビのない美尻へ!

初回体験エステのご予約

初めてプラン無料カウンセリング付

5,400円(税込み)

体験エステへのお申し込み

0800-111-4116

※一部営業時間が異なる店舗があります。詳しくは各店舗ページでご確認ください。

reservation_ttl.svg

reservation_img.svg

ウェブでのご予約はこちら

© Ciz:Medical Group All rights reserved.

marumie_pc_footer_bun.png

640_80_daytime_footer.jpg