エステサロン・メディカルエステなら【シーズ・ラボ】

logo.png

予約・問合せ全国共通フリーコール 0800-111-4116

※店舗により営業時間が異なります。

初めての方初回体験申込み

会員様専用来店予約

HOME

体験エステ

店舗一覧

シーズ・ラボについて

online_s.png

お問い合わせ

pickup1_03.png

エステティシャン ブログ

採用情報

スタッフ積極採用中!

FAQ

ご優待制度のご紹介

出版物・メディア掲載情報

ビューティーコラム

寒い冬の朝に顔がむくみやすくなる理由と対策6つ

寒い冬の朝に顔がむくみやすくなる理由と対策6つ

「夏に比べて冬の朝のほうが、顔がむくみやすい……」と感じている人も多いのではないでしょうか。冬の朝のむくみには、冬ならではの寒さや環境が関係しているといわれています。


では、どのようなことがむくみを引き起こすのか、防ぐための方法とあわせてチェックしましょう。



冬の朝に顔がむくみやすい理由


なぜなら就寝中は体を横に倒すため、体の下側に流れていた水分が、夜の間に顔まで戻ってきてしまうのです。

しかし冬の朝は、さらに顔がむくみやすくなるといわれています。


その理由を以下から詳しく見ていきましょう。



≪運動不足で退社が低下するため≫

気温の低い冬は、つい家でゴロゴロとしてしまう方が多いでしょう。
それにより運動不足を引き起こし、血行が悪くなります。その結果、代謝の低下を招いてしまいます。


もともと筋肉には、血液を動かすポンプ作用というものがありますが、運動不足や血行不良によって筋肉が硬くなると血液の流れが滞り、余分な水分や老廃物も溜まりやすくなってしまうのです。



≪気づかぬうちの水分不足≫

むくみは水分の摂りすぎで発生するもの、というイメージがあるかもしれません。

しかし、水分が不足している場合もかえってむくみが起きやすくなります。理由としては、体内が水分不足だと血液がドロドロになり、老廃物が排出されにくくなってしまうため。


その結果、余分な老廃物が体に溜まり、顔のむくみを引き起こしてしまいます。



≪冷えや寒暖差による自律神経の乱れ≫

冬の厳しい冷えや屋内外の寒暖差は、体に大きなストレスを与えています。ストレスは自律神経の乱れを招き、結果的に血行不良を引き起こします。

自律神経の1つである交感神経は血管を収縮させる作用があり、それがストレスによりコントロールできなくなることで体が冷えてしまうのです。


すると老廃物も溜まりやすくなりますから、結果的に朝のむくみを招いてしまいます。

冬の朝のむくみを防ぐ対策方法6つ

冬の朝のむくみを防ぐ対策方法6つ

1.夜は湯船につかって体を温める

「湯船につかるのが面倒だから…」と日々、シャワーだけで済ませていませんか?寒い冬にシャワーだけで済ませていると、さらに血行が悪くなってしまいます。


そしてそのまま寝た場合、代謝の低下によって朝のむくみがひどくなる恐れがあります。


たとえ面倒でもできるだけお湯をためて、じっくり体の芯から温まりましょう。



2.リンパマッサージをする

お風呂で血行が良くなったら、リンパマッサージをおこなうと良いでしょう。
リンパの流れに沿って手のひらをすべらせることで、老廃物が体外へ排出されていきます。


顔のむくみを防ぎたいなら、鎖骨周りをほぐしてから、首を上から下へとさすりましょう。

リンパマッサージはむくんでしまった朝にも有効です。


蒸しタオルで顔や首を温めてから、クリームなどを塗ってマッサージをおこないましょう。


スッキリとした顔に戻るうえに、肌のハリツヤも良くなって化粧ノリがアップします。



3.適度な運動をする

適度な運動をすると筋肉が刺激され、血流を促すポンプ作用を高めることができます。


ウォーキングやジョギングなど、1日20~30分ほどを目安に好きな運動を取り入れましょう。


天気などの影響で屋外に出るのが難しいなら、家の中でストレッチやエクササイズをするだけでも、むくみ予防になります。


また、こまめに掃除をすれば、しゃがんだり立ったりする動作によって血行が良くなるでしょう。



4.体を冷やさない

冬の寒さは体にとって大きなストレスになり、結果的にむくみを招く原因になります。


冷えを防ぐために、腹巻きやレッグウォーマー、カイロなどを上手に利用しましょう。



5.塩分・アルコールを摂りすぎない

塩分やアルコールを摂りすぎると、余分な水分が体内に蓄積されてむくんでしまいます。


特に寝る直前まで飲食をしていると、朝のひどいむくみを生むことになります。


冬はクリスマスや忘年会、新年会などで飲み食いするイベントが多くなりますが、塩分やアルコールの摂取は、できるだけセーブするようにしましょう。


また、ビールやアイスなど体が冷えるものはできるだけ避けて、温かい飲み物や料理を口にすることも大切です。



6.カリウムを多めに摂る

カリウムには体内の余分な塩分を排出し、むくみを防ぐ効果があります。


そのため、塩分の摂りすぎが気になる時は、カリウムを含んだ食材を積極的に食べるようにしましょう。ただしこれはあくまでも対処法なので、できるだけ普段から減塩を心がけてください。


~カリウムを多く含む食材~
アボカド、キウイ、バナナ、メロン、きゅうり、トマト、さつまいも、ほうれん草、枝豆、納豆、パセリなど



以上、冬の朝のむくみを引き起こす原因と対策方法についてお伝えしました。


朝にむくみで顔が大きくなっていると、一気にテンションが落ちてしまいます。
寒い冬でもスッキリとした顔で出かけられるように、ご紹介したような対策を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ボディスキンケア/ body skin care

ボディ専用のピーリング剤をお悩み別に使い分け肌トラブルへアプローチ。
医学理論に基づくケア徹底ケアで肌トラブルを解消!

背中ニキビ・シミ解消コース

ボディ専用の高配合ピーリングで

すべすべ背中へ!

二の腕のザラつきコース

なかなか消えないざらつきを

取り除き肌質を改善!

ワキ・ビキニライン色素沈着コース

自己処理で黒ずみ

ブツブツになった肌も解消

お尻ニキビ改善コース

ボディ専用ピーリングで

お尻ニキビのない美尻へ!

初回体験エステのご予約

初めてプラン無料カウンセリング付

5,400円(税込み)

体験エステへのお申し込み

0800-111-4116

※一部営業時間が異なる店舗があります。詳しくは各店舗ページでご確認ください。

reservation_ttl.svg

reservation_img.svg

ウェブでのご予約はこちら

© Ciz:Medical Group All rights reserved.

marumie_pc_footer_bun.png

640_80_daytime_footer.jpg