エステサロン・メディカルエステなら【シーズ・ラボ】

logo.png

予約・問合せ全国共通フリーコール 0800-111-4116

※店舗により営業時間が異なります。

初めての方初回体験申込み

会員様専用来店予約

HOME

体験エステ

店舗一覧

シーズ・ラボについて

online_s.png

お問い合わせ

クリニカルサロン シーズ・ラボ【公式】>ビューティーコラム>しわ・たるみコラム一覧>綺麗が叶う!? 女性ホルモンの「仕組み」&「増やし方」

エステティシャン ブログ

採用情報

スタッフ積極採用中!

FAQ

ご優待制度のご紹介

出版物・メディア掲載情報

ビューティーコラム

綺麗が叶う!? 女性ホルモンの「仕組み」&「増やし方」

綺麗が叶う!? 女性ホルモンの「仕組み」&「増やし方」

女性ホルモンは妊娠や出産を助ける重要な働き以外にも、美しい肌や艶やかな髪を生み出すなど、女性らしい美しさを保つために欠かせない大切な働きを持っています。
そのため、女性ホルモンの分泌が減少すること、さまざまな不調が現われてしまうようになるのです。
今回は、女性ホルモンの仕組みと増やし方についてご紹介します。

女性ホルモンの大切な働きとは?

女性の身体は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の異なる特徴や働きを持つホルモンによって大きく左右されます。
一般的に、約28日のサイクルの中で、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量に変化が見られます。そのような変化のなかでも体内でのバランスをうまく保ちながら、身体は妊娠をするための準備を整えるのです。

女性ホルモンの特徴

女性ホルモンのひとつエストロゲンは、月経の終わり頃から排卵前にかけて分泌される女性ホルモン。
一方、プロゲステロンは、排卵後から次の月経にかけて分泌される女性ホルモンです。

エストロゲンは女性らしさに欠かせないホルモンといわれており、美しい髪や肌、女性らしい体型を保つための働きがあります。さらに、骨や血管を丈夫にしたり、善玉コレステロールを増して悪玉コレステロールを減らしたり、代謝を促すなどの働きを持っています。

そしてプロゲステロンは、主に妊娠に関する大切な働きをしています。
例えば、子宮内膜と子宮筋の状態をコントロールしたり、乳腺を発達させるなどの働きを持っています。また、利尿作用があり、体内の水分量を整える働きや血糖値を正常にするなど、健康にまつわる働きもあるのです。
ただし、プロゲステロンには眠くなったりイライラしたり憂鬱な気分になるなど感情に影響を与えるため、分泌量が多い生理前などの時期は不調を訴える女性が多くなります。

女性ホルモンの乱れが不調の原因

女性ホルモンの乱れは、生理不順となって現われることが多いです。たとえば、無月経や頻発月経、月経が長引く過多月経になどがあげられます。
さらに、生理中は女性ホルモンの乱れによって、強い生理痛を引き起こすこともあります。それだけでなく、頭痛・肩こり・便秘・不安感・やる気の低下などのいわゆるPMS(月経前症候群)の症状が強くなる傾向があります。
このような女性ホルモンの乱れが続いてしまうと、不妊や更年期障害の原因となることがあるので注意が必要です。

また、月経にまつわるもの以外では、頭痛・身体の冷え・めまい・倦怠感などを引き起こす自律神経失調症の原因となったり、ニキビや肌荒れ、骨粗鬆症の原因となるなど、数多くの不調を引き起こす恐れがあります。

女性ホルモンを増やす方法

一般的に、女性ホルモンの分泌は20代~20代後半頃までの時期をピークに、年齢を重ねるごとに少しずつ減少していきます。ただし、女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの量は、僅かティースプーン1杯分ほど。
一生のうちに分泌される女性ホルモンの量はだいたい決まっていることから、女性ホルモンそのものを増やすことは難しいといえるでしょう。
しかし、さまざまな方法によって女性ホルモンの分泌をサポートすることはできます。

●良質な睡眠をとることでホルモンの分泌をサポートする
良質な睡眠は、美容や健康のために良いことで知られています。
女性ホルモンのひとつエストロゲンも、寝てから最初の深い睡眠の時に多く分泌されます。
深い睡眠を得るためにも規則正しい生活をしたり、スマートフォンやテレビの画面を眠る直前まで見ないようにしましょう。

アロマオイルを取り入れてホルモンの分泌をサポートする

女性ホルモンを増やす方法

香りには、気持ちをリラックスさせたり高揚させたりする働きがあります。
なかでもローズの香りは、自律神経に働きかけるだけではなく、女性ホルモンのバランスを整える香りとして知られています。
ローズの香りを身近なところに置いて、女性ホルモンの分泌をサポートしてあげてはいかがでしょうか。

●大豆イソフラボンをとりいれてホルモン分泌対策とする
大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと化学式や働きが似ています。
そのため、女性ホルモン対策には欠かせない成分だといえるでしょう。
お勧めなのは、大豆製品を食べること。
ただし、バランスが大切なので過剰にイソフラボンをとるのではなく、毎日の中で適量とると良いでしょう。
大豆イソフラボンは1日に約75mgが適量とされており、豆腐1丁で約80mgの大豆イソフラボンがとれるといわれています。
朝に半丁をお味噌汁に入れて、夜に納豆を1パック食べてみてはいかがでしょうか。

最初は難しく感じるかもしれませんが、習慣にすることで良いサイクルとなります。
女性ホルモンの減少により身体不調が現われる前に、毎日の中で無理のない対策をとるようにしましょう。

フェイシャルエステ/ facial esthetic

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

しわ・たるみ(超音波)コース

日本初導入マシンで

最新のしわ・たるみケア

しわ・たるみ(ラジオ波)コース

世界初導入マシンで

切らないリフトアップケア

しわ・たるみ(メガ導入)コース

日有効成分を肌奥へ導入して

リフトアップ!毛穴の引締めにも

ニキビ撃退フェイシャル

ニキビ専用

オーダーメイドケア

しみ解消白肌コース

肌の奥にあるメラニンへ

美白成分を超音波で導入!

初回体験エステのご予約

初めてプラン無料カウンセリング付

5,400円(税込み)

体験エステへのお申し込み

0800-111-4116

※一部営業時間が異なる店舗があります。詳しくは各店舗ページでご確認ください。

reservation_ttl.svg

reservation_img.svg

ウェブでのご予約はこちら

640_119footer_10par.jpg

© Ciz:Medical Group All rights reserved.

640_80-hitokan.jpg

daytimekotei3.jpg