エステサロン・メディカルエステなら【シーズ・ラボ】

logo.png

予約・問合せ全国共通フリーコール 0800-111-4116

※店舗により営業時間が異なります。

初めての方初回体験申込み

会員様専用来店予約

HOME

体験エステ

店舗一覧

シーズ・ラボについて

online_s.png

お問い合わせ

クリニカルサロン シーズ・ラボ【公式】>ビューティーコラム>しわ・たるみコラム一覧>目尻のシワにはアイクリームが効果的!その理由と正しい塗り方

エステティシャン ブログ

採用情報

スタッフ積極採用中!

FAQ

ご優待制度のご紹介

出版物・メディア掲載情報

ビューティーコラム

目尻のシワにはアイクリームが効果的!その理由と正しい塗り方

目尻のシワにはアイクリームが効果的!その理由と正しい塗り方

目尻のシワは、若々しさをキープしたい女性にとって大敵です。目元には人の視線が集中するため、目尻にシワができていると顔全体まで老けた印象を与えてしまうのです。


そのような目尻のシワの予防や改善には、アイクリームが適しています。


目尻にシワができる原因をチェックしたうえで、アイクリームがどのように効くのか、正しい塗り方とあわせて詳しく探ってみましょう。

目尻にシワができる原因

表皮の乾燥

私たちの皮膚は、一番外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で構成されています。このうちの表皮がスキンケア不足などによって乾燥すると、肌の表面にヒビ割れたようなシワができてしまいます。


このようなシワはちりめんジワといい、表皮に浅く細かくできるのが特徴です。目尻を始めとした目元は皮脂腺が少なく乾燥しやすいため、ちりめんジワができやすいのです。乾燥によるシワを防ぐには、肌のうるおいを守る正しいスキンケアを行う必要があります。



紫外線による光老化

紫外線を浴びるとシミができやすくなることは有名ですが、実はシワができる原因にもなります。

紫外線の1種であるUVAには、肌の奥深くにまで侵入し、真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊する性質があります。そのUVAを無防備に浴びていると、肌の弾力が失われ、シワができてしまうのです。


紫外線によるシワは、表皮より奥にある真皮がダメージを受けるため、深くて消えにくいという特徴があります。目尻の深いシワを防ぐには、紫外線対策を十分に行うなどの対策が必要です。



目元への刺激

アイメイクやクレンジング、目のかゆみなどの影響で目元を強くこすっていると、目尻にシワができる原因になります。


皮膚が傷つくことで水分を保持する力が弱まり、乾燥によるシワを招いてしまうのです。


また、目元を強くこすって皮膚を引っ張ると、たるみを引き起こしてしまいます。目元がたるむことも、目尻のシワの原因になるため注意が必要です。これらを防ぐためには目元を極力こすらないこと、クリームなどで目元を保護することが大切です。

目尻のシワの改善にアイクリームが効果的な理由

目元の乾燥を効率よく防ぎ、バリア機能を高める

目尻のシワの主な原因は、「乾燥」「紫外線」「刺激」の3つです。目元専用に作られたアイクリームなら、これらを効果的に防ぐことができます。


アイクリームはデリケートな目元の皮膚のことを考えて作られています。そのため、強い刺激を与えずに保湿できて、乾燥によるシワを効率よく防ぐことができるのです。


さらに目元をアイクリームでしっかり保湿すると、肌のバリア機能が高まります。その結果、紫外線や摩擦などの外部刺激によるダメージも、最小限に抑えることができるのです。



目尻のシワに効果のある成分が含まれている

アイクリームには、シワ対策に効果が期待できる成分が多く配合されています。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどは表皮の乾燥を防ぎ、目尻のちりめんジワにアプローチしてくれるのが特徴です。


そして、ビタミンC誘導体やレチノールなどは真皮のコラーゲンの生成を促すため、目尻の深いシワのケアに適しています。

目尻のシワにお悩みなら、どのようなシワに効果的なアイクリームなのか、事前にチェックすることをおすすめします。

アイクリームの正しい塗り方

事前に肌に水分を与える

いくら優秀なアイクリームでも、間違った塗り方をしていては効果が半減するどころか、目元に刺激が加わって新たなシワの原因になってしまいます。


大切なのはまず、アイクリームを正しい順番で使用することです。

洗顔直後の乾燥した肌に直接アイクリームを塗っても、伸びが悪く、肌を傷つけてしまいます。また、クリームが浸透しにくいため、十分な効果が得られません。


使用する前には必ず化粧水、美容液、乳液を使い、十分に肌なうるおいを与えておきましょう。こうすることでアイクリームの伸びや浸透が良くなり、効果を最大限に発揮させることができます。


ちなみにスキンケアは、油分の少ないアイテムから使っていくのが基本です。

化粧水を塗ってから美容液を重ね、乳液でうるおいにフタをしてからアイクリームを塗ります。

 

特に乾燥が気になる場合は、さらに保湿クリームをプラスしてもOKです。

ただし、製品によっては使う順番が違うものもあるので、説明書きをよく読んでから使用しましょう。



アイクリームを手のひらで温めてから塗る

アイクリームは油分が多いため、容器から出した直後は硬くて伸ばしにくい場合があります。

そのまま目元に塗ると、刺激を与える原因になるため、アイクリームを塗る前には一度手のひらに出し、体温で軽く温めましょう。


このひと手間でアイクリームが柔らかくなって伸びが良くなり、デリケートな目元にも塗りやすくなります。



薬指の腹を使って優しく塗る

アイクリームを塗るときは、決して目元の皮膚をこすらないことが大切です。

まずは薬指の腹にアイクリームを取り、それをポンポンと優しくパッティングするように塗っていきましょう。薬指は他の指より力が入りにくいため、目元の皮膚を傷つけずに塗ることができます。



指の腹でアイクリームを浸透させる

目元全体にアイクリームを塗ったら、最後に指の腹を当てましょう。

アイクリームがより密着してなじみやすくなるため、保湿やシワのケアに効果的です。特にシワが気になる目尻には、アイクリームを重ねづけすることをおすすめします。

アイクリームの正しい塗り方

目尻のシワを改善するためには、アイクリームを正しく塗って目元の乾燥を防ぐことが大切です。

表皮にできたばかりの浅い段階のシワであれば、アイクリームでのケアが間に合います。深いシワになってから後悔しないために、早速取り入れてみましょう。


しかし、すでに深いシワになっているという場合や、細かいシワがたくさんできているという方はセルフケアだけでは物足りなさを感じてしまいます。


さらに目立つシワになる前に、メディカルエステの力を借りて、ハリのある肌を目指しましょう。


リフトアップマシンを利用した施術は、肌にメスを入れずにシワやたるみ対策ができるのが魅力です。1回の施術だけでも効果が実感できるので、メディカルエステに初挑戦する方にもおすすめです。


ぜひ、無料カウンセリングつきの初回プランにお申込みください。

フェイシャルエステ/ facial esthetic

皮膚医学理論に基づいた効果的なフェイシャルケア。
医師監修のもと生まれたマシンや基材を使用してお肌のお悩みへ集中ケアを行っています。

しわ・たるみ(超音波)コース

日本初導入マシンで

最新のしわ・たるみケア

しわ・たるみ(ラジオ波)コース

世界初導入マシンで

切らないリフトアップケア

しわ・たるみ(メガ導入)コース

日有効成分を肌奥へ導入して

リフトアップ!毛穴の引締めにも

ニキビ撃退フェイシャル

ニキビ専用

オーダーメイドケア

しみ解消白肌コース

肌の奥にあるメラニンへ

美白成分を超音波で導入!

初回体験エステのご予約

初めてプラン無料カウンセリング付

5,400円(税込み)

体験エステへのお申し込み

0800-111-4116

※一部営業時間が異なる店舗があります。詳しくは各店舗ページでご確認ください。

reservation_ttl.svg

reservation_img.svg

ウェブでのご予約はこちら

640_119footer_10par.jpg

© Ciz:Medical Group All rights reserved.

640_80-hitokan.jpg

daytimekotei3.jpg